最近、格安スマホを利用する人は増加していますが、トラブルも増加しているようです。国民生活センターからの情報によると、大手3大キャリアに契約していた人が、今まで通りのサービスが受けられると思っていたら、違っていたという問い合わせが多いようです。それでは、どのような違いがあるのか、そして、どのような解決方法があるのかについて、まとめてみました。


1.問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい

① ほとんどのMVNOには、メールやチャットでの問い合わせサービスがあるので、これを使用する方法があります。

② 初期設定など、有料でサポートを受けることができるMVNOもあります。

 


2.修理期間中の代替機の貸し出しサービスがなく、スマートフォンが1カ月間利用できない。

① 過去に使用していた端末が使用できる場合には、これを使用する方法がありますが、過去に使用していた携帯がない場合や過去に使用していた携帯が使用できない場合には、有効な解決方法はありません。

 


3.メールアドレスの提供がなく、別会社のメールアドレスで送ったが、相手にメールが届かなかった。

① 3大キャリアの携帯電話を使用している人は、携帯以外からのメールの受信を受けないように設定している人が多いので、3大キャリアを解約する前にgmailアドレスを取得して、キャリアのアドレスを使用して、gmailアドレスなどに変わったことを連絡しておくとよいと思います。

 


4.SIMロック解除をしないと、他社のSIMカードでスマートフォンが使えなかった。

① 3大キャリアの携帯を使用していて、この携帯をMVNOでも使用する場合には、同じ回線を使用できるMVNOを選定してください。例えば、docomoで契約している場合には、docomoの回線が使用できるMVNO、auで契約している場合には、au回線が使用できるMVNOと契約することが必要です。

 


5.インターネットで購入したスマートフォンの端末代金に未払いがあり、精算しないと修理の受付ができないと言われた。

① 未払いがないことを購入前に確認することが必要ですが、そもそも、信頼できるショップから購入することが重要です。「格安スマホマニアックス」の「スマホの準備」で紹介しているショップでは、このようなトラブルはありませんので、安心して購入してください。

コメントを残す