最近、格安スマホという言葉をよく耳にします。テレビでも、色々な通信事業者が宣伝を行っています。では、格安スマホとはどんなものなのでしょう。なぜ、既存のNTT docomo、au、softbankと比較して、安くすることができるのでしょう。

これらのことを理解するためには、まずは、MVNOとは何かを知ることが必要です。

 

MVNOとは?

仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator(MVNO))。自前では設備を持たず、他の事業者より通信回線と設備を借り受ける形でビジネスを行う事業者のことを言います。電波利用免許の交付を受けることが難しいこと、設備投資が非常に大きいことなどから、携帯電話などの移動体通信事業への新規参入はきわめて難しいのが実情です。しかし、このことは、既存事業者を守る大きな「参入障壁」となり、既存事業社とは違うビジネスプランを持つ事業者の参入を阻害し、ひいては消費者の利益を損なうことになります。

そこで、各移動体通信事業者が、適切なコストで設備と通信回線を貸し出すルールを整備し、通信回線を持たない事業者でも、「通信事業」が展開できるようにする施策が採られました。これが、MVNO誕生の背景です。

日本では、2001年より日本通信が、ウィルコムのPHS網を借りる形で開始したのが始まりです。当初は、ビジネス向けなどを狙い、PHSの回線で「データ通信を提供する」形のビジネスが主流でした。しかし、最近は、一般消費者向けの事業者も数多く参入するようになりました。

MVNO事業者は、自分で通信設備を持たずに、設備を借りることで、運営していること、専用の携帯ショップなどを持っていないことから、大手の通信事業者よりも、格安で通信サービス(携帯電話のサービス)を提供することができるというわけです。

では、MVNO通信事業者は、au、NTT docomoから、通信回線を借りているわけですので、借りている回線によって、NTT docomoのスマホが使用できたり、auのスマホが使用できたりします。もちろん、SIMMフリーの携帯電話は、どちらでも使用できます。なお、softbankについては、回線の貸出は行っていません。

 

格安スマホを持つには

このサイトでは、スマホを格安で持つための方法について、紹介します。

MVNOには、どんな事業者があるのでしょうか?

MVNOで使用するスマートフォンは、どうやって準備すれば良いのでしょう?

MVNOに変更すると料金はどのぐらい節約できるのでしょうか?

◎ MVNOでスマートフォンを使用できるようにするまでには、どんな手続きが必要なのでしょう?